私の更年期の変調はいまいち重くなかったのですが、日数が何とも長く、すべての変調を合わせると10階級ほど続きました。

頭痛というか、念頭が酷い空気や疲弊で何も講じる意思が起きませんでした。ダディには「怠け病気」と言われ傷つきました。いきなり暑さを感じて汗が噴き出す時代もありました。こういう日数も長かったように思います。ヤツと違ったのは肩の程度を虫がはい回るハートがあったのと、舌が痛くなったことです。

頂点つらかったのはこういう舌痛でした。舌痛は飯の味覚がわからないぐらい凄くなったので、内科を受診したり、耳鼻咽喉科、歯科などを来院しました。まさか更年期の変調は想定もしませんでした。

も、更年期の変調が出ていた時代だったので母さん科検診の時に、お医者さんに尋ねてみると、誠に舌痛はかなり皆における更年期の変調だということでした。目下ウェブサイトなど何かと噂も受け取れるのですが、その頃は身の回りに言うこともはばかられ、ミーティングもできませんでした。意志が病んでいたのでしょう。

他の変調ではイライラしてダディや赤ん坊に当たり散らしたり、急にとりつかれた様に洗浄がしたくなったりしました。これは月の物の時と同じだったのですが、ダディや赤ん坊はいい不便だったと思います。

人生のうちには色々なことを経験するはずです。私も奥さんとして人並みのことをみんな蓄積できてよかったと思います。今日思えば、暮しにおける思い出深い何ウェブサイトかだ。こちらをクリック